皇后八幡神社紹介

応永甲辰(1424年)男山より勧請

社伝によれば、正五位相模守丸山朝臣年国、故あって此の地に土着。その後 子孫丸山右衛門丞年清が、応永31年(1424年)本願主となり、山城国男山八幡(石清水八幡)より勧請した。その後、数代の子孫、神主丸山年信が本願主となり、永正2年(1505年)3月15日、厳島神社に詣で厳島大明神を勧請した。
 
八幡神社と厳島神社が合祀となっている。「芸藩通誌」によれば、八幡厳島神社須波村にあり、同殿に祭る。八幡は応永甲辰(1424年)男山より勧請。弘治丙辰(1556年)小早川隆景再建。厳島神社は永正乙丑(1505年)丸山壱岐勧請と記されている。
昭和18年社殿再建。昭和50年秋 御鎮座550年祭を斎行した。

 

名称

皇后八幡神社

別称

須波の八幡さん と言われております。

TEL

0848-67-0733

FAX

0848-67-0797

鎮座地

広島県三原市須波西2丁目6番27号

代表者

西原 勝彦

代表者住所

〒723-0031 広島県三原市須波2-19-20

御祭神

応神天皇(おうじんてんのう)

神功皇后(じんぐうこうごう)

仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)

市寸島日売命(いちきしまひめのみこと)

建内宿禰(たけのうちすくね)

 


 

御祭神について

皇后八幡神社・厳島神社の御祭神

 
縁結びの神様
応神天皇
(おうじんてんのう)
記紀の所伝の第15代天皇誉田別命(ほんだわけのみこと)の漢風諡号(おくりな)。
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の皇子。
母は神功皇后(じんぐうこうごう)。
神功皇后
(じんぐうこうごう)

記紀所伝の仲哀天皇の皇后。息長帯日売(おきながたらしひめ)の漢風諡号。
天皇の死後、新羅に出陣、凱旋の後筑紫の地で応神天皇を出産。69年間摂政を務めたという。
縁結びの神様として知られる。

仲哀天皇
ちゅうあいてんのう)
記紀の所伝で、第14代天皇。帯中津日子命(たらしなかつひこのみこと)の漢風諡号。日本武尊(やまとたけるのみこと)の第2皇子。
皇后は息長帯日売(おきながたらしひめ)(神功皇后)
熊襲(くまそ)征討におもむき、筑前橿日宮(かしひのみや)で没したという。
海上安全、交通安全の神様
市寸島日売命
(いちきしまひめのみこと)
宗像三神(むなかたさんじょしん)の一人。狭依毘売命(さよりひめのみこと)ともいう。厳島神社の祭神として知られる。海上交通を守護する海の神である。軍神である。
戦勝の神様
建内宿禰
(たけのうちのすくね)
軍政に長(た)け、国内平定に活躍した長寿の人。
景行天皇のときの北方視察、神功皇后の朝鮮半島出兵への参加、応神天皇誕生後の忍熊王(おしくまおう )の反乱討伐などが知られている。

遥拝所

神域から瀬戸内海を眺望する遥拝所

豊かな幸を恵んでくれる海。
 
鏡のように静かで穏やかな時もあれば
 
風雨に荒れる時もある海。
 
私達は生まれた時からずっと海を見て育ち
 
海が身近にあることはあたりまえのことでした。

心のよりどころとして瀬戸内海を臨む遥拝所

身近な方が海で命をなくされた方がいらっしゃるかもしれません。 

面影を偲ぶこともできず
 
風光明媚な風景を見ることで心が和み
 
海を眺めることでここが心の拠り所となるのです。
 
どうぞ一度この遥拝所に足をお運び下さい。
 
階段を昇るのがおつらい方は神社裏まで自動車で上がって来れます。
 
実は、この場所から東方330㎞の向こうの「伊勢神宮」を遥拝できます。


稲荷神社

須波の海の中に色鮮やかな大鳥居が建っています

この地方に住んでいる人だったらだれでも知っている

 
皇后八幡神社から海沿いの国道を三原方面に1㎞行きますと、小旗はためく稲荷神社が見えてきます。海の中にも宮島型の色鮮やかな大鳥居が建っており、この地方に住む人ならば、皇后八幡神社の名前を知らない人でも、須波のあの海に建っている鳥居といえば、すぐ思い浮かべることができるほど、印象的な風景として心に刻まれています。
平成24年7月に改修工事のお祭りを行いました。4基の鳥居が親切され、1基を移設し、塗装を施し色鮮やかになりました。入口の祠(ほこら)には子授けの神様、のどの神様が祀られております。新しい環境の中で、御祭神のご神徳も大いに発揮されることと存じます。皆様どうぞご参拝ください。

 

(追記)
ローカル路線バスの旅」という人気のテレビ番組17弾の中に、当稲荷の宮島型鳥居が写っていました。竹原から三原へバスで早朝移動する途中、早朝の朝日昇る瀬戸内海の光景の美しさに3人の演者が感動するというシーンで、その美しい光景の中に稲荷神社大鳥居が映り込んでいました。やはり、誰の胸もうつどこか神々しさのある光景なのだなあと思いました。皆様も是非ご参拝くださいませ。

 

宮司挨拶

 
 
 
 
 

 
 
 

宮司挨拶

西 原 勝 彦(宮司)


皇后八幡神社には厳島神社も相殿でお祀りされております。
神社は瀬戸内海に面した風光明媚な高台に鎮座しております。
古くは、戦国武将・小早川隆景の寄進を受けて社殿を再建されたそうです。
境内地(けいだいち)の東端に海に面して「伊勢神宮遥拝所」があります。
平成25年に第62回御遷宮が行われる伊勢神宮は、遥拝所から東方330キロメートルにございます。
又西向きには、安芸の宮島(厳島神社)がございます。


当神社の社殿は、正月元旦の初日が昇って来る方向に向けて建てられており、初日が社殿の中の畳まで差し込んでまいります。その神神しさは、例えがたいものがございます。


私は、この神社の27代目の宮司です。日々、国と氏子崇敬者の皆さんの平安と繁栄を祈念し、まつりごと に従事しております。
ご祈祷は、1組ずつ行いますので、ご予約をいただければありがたいと思います。
又、相談ごとの受け付けもしております。ゆっくり時間をかけてお話を聞かせていただき、良い方向を見つけましょう。


このホームページにアクセスしていただいて有難うございます。
各種祭事・相談事は当神社にお申しつけください。


交通・地図

広島県三原市須波西二丁目六番二七号
(須波港斜め向かい)

 
ストリートビュー(クリックして移動できます。)

神社の日々を綴る

皇后八幡神社 blog